スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ赤なBack to the Future

マルクスさんがもし資本主義の終末を予言しなければ、
ロシアで革命がおこることもなく、
そしたら資本家たちは「富の再分配」とかせずにのびのび私腹をこやし、
きっと20世紀のうちにグローバル資本主義で超格差社会な世界ができあがる。
セーフティーネットなんかないから、圧倒的多数の負け組は生きるか死ぬかってぐらい追い詰められる。

そこにネットが出てきたら?
アラブの春程度じゃすまないないよ。
世界同時革命、なんて今じゃギャグにしか聞こえないけど、ホントになったかも!

予言をしたから予言が外れたとしたら皮肉だ。
こーいうのなんていうんだっけ?
パラドックス?観察者効果?
でもストーリーとしては面白い。
小説じゃないな。舞台か映画の脚本ってかんじ。

タイムトリップものが簡単かな。

近未来、グローバル資本主義に絶望した青年科学者が19世紀にタイムトリップ!
内気でニートで浪費家なマルクスを見事に就職させて資本論の執筆を妨害。
未来にかえってみると、革命のどさくさで恋人が死んでる。
「こんなはずじゃなかった!ぼくはちゃんと就職して君と結婚したかっただけなんだ!」
再びタイムトリップ。マルクスの就職を妨害。
未来はやっぱりグローバル資本主義。
でも愛する彼女がいる。なんとかなるさ!結婚しよう!

 END

いけんじゃね?ハリウッドで映画化していいよ。
ロイヤリティちょうだいね!!←資本主義に毒されてる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピピネラ

Author:ピピネラ
世の中のしくみ研究家・ライフクリエイター・未来からの留学生を受け入れ。(訳:無職。子有り主婦です)
時間のある時、思い出すままに書いてるので、日付は嘘です。
リンク歓迎!相互リンク希望の方ご連絡お待ちしてます。

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ