スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀はどこ?

さいきん、「近代社会研究家」そういちさんのブログ『団地の書斎から』によくお邪魔してます。
私が読んでるのは、「近代社会のしくみ」シリーズです。

これが面白い!ので勝手に師と仰ぐことにして、がんがんコメントしてます。
「今回のコメントは,私の記事を受けての,ひとつの素敵なショートエッセイ(コラム)になっていますね」
とお褒めの言葉をいただいたので、推敲してブログに載せることにしました。
「21世紀はどこ?」というタイトルもそういちさんが付けてくれました♡ 


img0040.jpg
「21世紀って、もっとすごいと思ってた」定年間近の父が言ったセリフです。

「車は空飛んで、ロボットがうろうろ、火星に移住、etc・・・
 子供のころ思い描いた「正しい21世紀」はどこに行ったんだろう?
 学生運動してた頃に感じた「世の中が変わっていく感じ」はなんだったんだろう?
 現実は、通信の分野だけが予想以上に発達した。あと、コンピューターが小さくなった。それだけだ。」

たしかに戦後~1970年ぐらいまでに比べれば、それ以後ってあんまり変わってないのかもしれない。
いいなぁ、団塊の世代前後の人は。
三丁目の夕日みたいな子供時代に、社会主義に夢が持てた青春ですか。ちゃっかりバブルも経験して。
私達の世代にはそーゆー楽しいのコト残ってないわぁ

エヴァの監督の庵野さんの「僕らの世代はオリジナルなんて基本的にはないことを認めるべきです」も
タイラー・コーエンさんの「容易に収穫できる果実は食べつくされた」も私には同じように聞こえるのです。
つまり、世界は私が生まれる前に世界は出来上がっていて、新しいことをする余地なんかないっていうふうに。

社会の歯車にさえなれなかった。
愛国心も信仰心もなく、ナンとか主義に夢も見れない。
友達も少ないし、自由になるお金もない。頭もわるい。
子供は大切だけど、生きがいにはしたくない。
このまま死ぬまでどうやって時間を潰そうかって考えていました。

でもこういちさんの「近代社会を精いっぱい生きる」を読んで目が覚めました!
ネットは自由に出来る。図書館に行けば本がある。細切れだけどたっぷりの時間。
さしあたって衣食住の心配はない。読み書きができる。
100年前なら高等遊民。1000年前なら貴族の暮らし!

やりたいことをやろう。
知りたいことを知ろう。

「通信の分野だけ発達した」と父は言った。結構なことだ。
初音ミクみたいなネットが生んだ新しい文化もあるじゃないか。
音楽でも文章でも、色々な立場人が発信し、刺激しあっています。
古くていいものにも簡単にアクセスできます。
ネットは、今までのどんな時代ともくらべものにならないほど多くの人間に、大量の情報をあたえてくれます。
機械化は人間から仕事を奪ったかもしれない。でも考える時間もくれました。
これで新しいものが生まれないはずがない!

私は私のいきてる21世紀に夢をみよう。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おぉー、
こんなロボット一家に一台欲しいですね!!

今まさに自分たちは21世紀を生きてる訳で、
時代の中に身を置くから、凄さが分からないのかも・・。
断片的に捕らえてみれば、
21世紀という時代も、きっと凄い部類に入ると思いますよ!
ただ、今大きな動きがないのは戦争がないから。
平和の証だと思いますし・・俺はこのままで良い気がしてます。
まぁ、細かいところで問題は色々あるけどw

ん、ルービックキューブ得意なんだw

Re: No title

うんうん、そうですよね。書いた後で、あれ、江戸って1600年ぐらいからやから、400年続いたら今やん!って思いました。直すの忘れてました。
鍵コメにしてくれるそういちさんの優しさが大好きです。
自分が使いこなせる言葉で書かないとダメですね。
背伸びせずに、感じたことを書くようにします。
アトムのパロディー絵と俺の名前を一緒に出すなって突っ込まれることを恐れてたんですが、
怒られなくてよかったー。


Re: No title

ばななんさんコメントありがとうございます♪
ホンダとアップルとオリエント工業が組めばこのぐらいできると思うんですよねー。
ルービックキューブするロボは、中之島の自然史博物館に居ます。
学天則という戦前に作られたロボの復元したやつもあって、エアーで表情が変わるんだけどけっこう凄い。
あそこのプラネタリウムは必見ですよ!!
大阪にお住まいのうちに是非一度!
なんなら付き合いますよ(^_-)-☆

[

 こんにちは。
 「私は私のいきている21世紀に夢をみよう」という言葉は,じつにいいなーと思いました。

 現実の「21世紀」なりに,夢やたのしみをみつけていこう,と私も思います。

 ばななんさんがおっしゃるように,「新しいもの」が生まれるかどうかはともかく,21世紀は21世紀で,すごい時代だと思います。
 大衆や多数派にある種の「自由」がいきわたりつつある時代のように思います・・・そこをピピネラさんも書いているわけですが。

 私も同じようなモチーフで書いていますが,ピピネラさんのは,短い表現であっさりと,でもいろんなことを見渡すように,生き生きと書かれていると感じました。

 私は30数年前に建てられた団地に住んでいます。その近所にある団地で子ども時代を過ごしました。このような建物に21世紀になっても住んでいて,と同時に子ども時代には想像できなかった通信手段(パソコン)をつかって,このような対話をしているんですよね…これが,「私のいきている21世紀」・・・

 アトムもどきの絵は,ちょっと「ゆる」くてかわいいですね。アトムって設定上は2003年生まれだから,もう10年も前か……(手塚治虫,子供のころ愛読していました)

 私のブログや記事も,紹介していただき,ありがとうございます。私のあの記事(近代社会を精いっぱい生きる)を,このように紹介し,自分でも展開してくださったのは,ピピネラさんがはじめてです。 

No title

こんばんはー。

そういちさんとのコラボ…すごいです。
すばらしい記事ですね!

ぼくもある意味不毛な時代だなって思ってた。
庵野さんのコメントにも首肯するしかない。
でも最近思うようになった。ぼくらって
たぶんもしかしたら、かなり「うらやましい世代」なのかなって。

ピピネラさんから目が離せないぜっ!要チェックや。

No title

あーかわいい^^
ちょっと足が短いけど
そこがまた愛嬌ですね^^

気が付けば21世紀ですね@@
私は、社会に何の役にもたってない人間ですが・・・
ネットは便利だと思います。
自分のできる範囲で楽しんでいます。

21世紀に夢を見る
いい考えです。
私は、友達をたくさんつくりたいです^^

Re: [

そういちさんコメントありがとうございます♪

>  私も同じようなモチーフで書いていますが,ピピネラさんのは,短い表現であっさりと,でもいろんなことを見渡すように,生き生きと書かれていると感じました。

そう言っていただけると光栄です♥

>  私は30数年前に建てられた団地に住んでいます。その近所にある団地で子ども時代を過ごしました。このような建物に21世紀になっても住んでいて,と同時に子ども時代には想像できなかった通信手段(パソコン)をつかって,このような対話をしているんですよね…これが,「私のいきている21世紀」・・・

子供の頃、学童保育所に「鉄腕アトム」があって、愛読してました。
その中に、「電気の通ってない辺鄙な村」が出てくる話がありました。
ごぞんじのとおり、「ものすごく科学が発達した正しい21世紀」でのお話です。
私の記憶が正しければ、アトムが光るロボの首をプレゼントしてメデタシメデタシなのですが・・・
現実の21世紀もアンバランスだけど、アトムの21世紀もたいがいですねw
地方に住む人間もそれなりに発展の恩恵のうけれる今の形は悪くないと思います。

色々と「ゆるい」ブログですが、ゆるさをゆるしてごゆるりと楽しんでいただけると嬉しいです。

Re: No title

> こんにちはー。
>
> そういちさんとのコラボ…すごいです。
でしょー!
偕誠館主人さんとは嗜好が近いから絶対そういちさん好きと思ったんです♥
偕誠館主人さん→ノブノブ殿→星の王子様を経由してそういちさんのブログを見つけたから当然といえば当然か

偕誠館主人さんもいっしょに弟子入りしようよ!
最新記事の「現代の民主主義における奴隷」http://danchino.blog.fc2.com/blog-entry-285.html
もすっごい面白いんです!
でも「ゆるくたのしく」消化するのはちょっと無理なので偕誠館主人さん怒れる感想文を是非!

Re: No title

ころな姫こんにちは♥

手足描くのどうも苦手で・・・
ってゆーか絵が苦手なんです。

でも絵とか写真あるとコメントしてもらいやすいからさー。
私も友達ほしいです。
かまってちゃんなの。
だからコメントもらうとすっごく嬉しいよ!
プロフィール

ピピネラ

Author:ピピネラ
世の中のしくみ研究家・ライフクリエイター・未来からの留学生を受け入れ。(訳:無職。子有り主婦です)
時間のある時、思い出すままに書いてるので、日付は嘘です。
リンク歓迎!相互リンク希望の方ご連絡お待ちしてます。

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ