スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近現代史の考え方(1章近代の形)

そういちさんおススメの「歴史の見方考え方」が図書館になかったので、同じ著者の本を借りてみました。
著者の板倉聖宣(キヨノブと読む)さんは、「自然科学や社会科学の教育」を研究している人です。
この本は、1988年4月~1996年10月まで教育雑誌「たのしい授業」で発表された文章のうち、
「近現代の考え方」や「最近の時代の変化」に言及して論じた文章を一冊にまとめたものです。

昭和天皇の死・国旗国歌問題・地下鉄サリンなど当時の時事ネタから展開していくパターンが多い。
リアルタイムで知ってるニュースも多く、入り込みやすかったです。
ただ、章ごとにテーマがバラバラで頭に残りにくそうなので大事そうな部分をまとめてみます。
板倉さんが書いたそのままじゃなくて自分にわかりやすい文なので正確に知りたい人は本を読んでくださいね。
カッコ内は私の感想。

近現代史の考え方―正義でなく真理を教えるために近現代史の考え方―正義でなく真理を教えるために
(1996/11/05)
板倉 聖宣

商品詳細を見る


・産業革命はなかった!明治維新は革命!
イギリスでは1760年代から1830年代にかけて、日本では1900年前後に大規模な機械工業が始まったことは間違いない。しかしそういう機械工業が新しい時代を開いたのではなく、明治維新による開国や産業の自由化が機械工業の時代を開いた。

・典型的な市民革命とか社会主義革命は、1、2回しか起こらない!
お手本があれば革命っぽい革命をおこさなくても同じ効果を得ることができる。
明治維新の廃藩置県、四民平等などの制作が激しい階級的な運動なしにできたのは、フランス革命やアメリカ独立などのお手本があったから。
(逆に権力者側にも対策の余地ができるから、典型的な革命がおこしにくくなったのかも。)

・日本は良い国!
「日本人には民主主義的な権利意識が希薄だから、日本の産業は発展した。だから民主主義などということは言わないほうがよい」←×
「日本は気候に恵まれ、世界でもっとも民主的な国で、階級差別が少ないから人々の労働意欲が高い。だから日本の経済や社会が世界で最もいい状態にあるのは当然だ。今後もいっそう民主主義の国にしよう!」←○
(そういちさんの「近代社会を精一杯いきる」に通じるものがある。でも日本の経済がいい状態にあるのは当然っていうのは同意できない。1985年の文章だから仕方ないのか。それとも日本の民主主義が劣化した結果なのか?)

・小林義彰さんのことがすっごく気になる!
小林さんとは明治維新についての考えが近い!でも教育に対する考え方が真逆だ!でも小林さんはすごい!
(この「でも、でも…」って感じがカワイイ♥ 萌える)

・お手本のないハードルを超えるには自ら考えないといけない!
軍隊や学校の近代化は外国のお手本があったのでおおむね上手くいった。でも欧米にはない日本固有の問題もあって、軍隊なら脚気、学校なら変体仮名がこれ。明治初期の文化人にはみずから仮説・実験・発見する力が欠けていたのでこれらの問題を解決するにはだいぶ時間がかかった。
(変体仮名なくなっててよかった・・・)

・明治初期は明るい時代だった!
開国~敗戦までの日本の最大の輸出品は養蚕関係である。明治初期に建てられた小学校の多くは、江戸期までに養蚕が盛んだった県にある。これは養蚕に携わった人々の新しい時代への期待の表れではないか。
(「ああ野麦峠」的イメージってたしかにあるなぁ。でも江戸期なら岡場所だったのが紡績工場ならマシかしら)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。すごいですねー
 この調子で,この板倉さんの本をきちんと読んで消化していったら,たいした勉強になると思います!
 何しろ,情報量(知識にせよ考え方にせよ)がたいへん多い本ですので。

 図書館の本だから,アンダーラインは引けないし,ずっと手元におくこともできない。そうなると,その本をモノにしようとしたら,ピピネラさんが行っているみたいに「まとめノート」をつくることで,アタマにインストールしていくことになるのでしょう……(まあ,ほんとに気にいったら,古本ででも買うことをおすすめしますが,財布とのご相談ですね……)

 昔,もっぱら図書館を利用して,蔵書をほとんどもたなかった知識人(前にも紹介したことがあるホッファーという人)がいて,この人は図書館の本を読んでは抜き書きのほか,考えたこと,まとめたことをノートに書き,そのノートを読み返していました。

Re: No title

そういちさんコメントありがとうございます♪

ほんとライン引きたい衝動に駆られます!
でもお金はあんまりないので図書館が買ってくれない本に使おうと思います。
プロフィール

ピピネラ

Author:ピピネラ
世の中のしくみ研究家・ライフクリエイター・未来からの留学生を受け入れ。(訳:無職。子有り主婦です)
時間のある時、思い出すままに書いてるので、日付は嘘です。
リンク歓迎!相互リンク希望の方ご連絡お待ちしてます。

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ