スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピヨちゃん

妹が連れてきたのは、まだ猫の形をしていないネズミのような生き物だった。
目は開いてないし、乾物みたいなへその緒を引きずっている。
三毛だから、メスだろうか。
動いているけど体が冷たい。

妹の買ってきた赤ちゃん猫用ミルクをスポイトで飲ませる。
ネットでしらべたところによると、赤ちゃん猫は自分で排泄ができないので濡らした指やティッシュで刺激してやらなければならないらしい。

その点は人間の新生児のほうが完成度高いな、と思う。
ゲップはさせなきゃいけないけどウンコシッコは自分でするもの。
しかしこの子はもうずり這いをしている。
人間はハイハイできるようになるのに半年かかるのに。
発達のしかたって生き物によってちがうんだなぁ。

息子ののママゴトセット入れにしてたプラスチックの籠に、これまた息子のオマルに敷くように常備してあるペットシートを敷き、床暖をつけた上に置く。
ボロタオルとぬるま湯を入れたペットボトルも入れる。

小人は猫に「ピヨちゃん」と名前をつけた。
自分のTシャツの絵を指差して、「これ、てんとう虫っていうんだよ」とか教えてあげてる。
一人っ子だしなぁ。
小人のためにも、猫飼ってやりたいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピピネラ

Author:ピピネラ
世の中のしくみ研究家・ライフクリエイター・未来からの留学生を受け入れ。(訳:無職。子有り主婦です)
時間のある時、思い出すままに書いてるので、日付は嘘です。
リンク歓迎!相互リンク希望の方ご連絡お待ちしてます。

カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ